2005年05月16日

少しは面白くなってきたプロ野球

 たかが野球、されど野球。
"雨降って地固まる"という言葉がありますね。
アクシデントはあっても、結果としてまぁまぁ丸くおさまった時に使うようです。

 今年のプロ野球もこれに近いような現象が起きているように思います。
オリックスと近鉄というライバルが合併して、一リーグ制だ、二リーグ制だ、とゴタゴタし、あげくの果てにはヤクルトの古田捕手が会長を務める選手会が、試合をボイコットするストまで実行して、大騒ぎとなりました。

 こんな中で、ホリエモンの率いる'ライブドア'と、'楽天'が新チーム参入に名乗りを上げ、さんざんマスコミを賑わせ、結果として楽天に軍配があがって一件落着。
その'楽天'人気はあるものの、予想通り実力は今いちで、成績はすでに8勝33敗。しかし、どう考えても今年は力不足でもしょうがないですね。

 これに対し、恥ずかしいのは巨人です。
あれだけ年俸の高い選手を抱えながら、楽天と同じ最下位を低迷して、よほどの奇跡、ピッチャーの救世主でも現れない限り、今年の優勝は無理だろうと、もうネット裏の評論家はささやいているとか・・・。

 ところが、オーナー会と選手会との交渉の過程で生まれた申し子のような「交流試合」が、ここへ来て盛り上がっていますね。
幸いというか、ラッキーというか、たまたまというか、この交流試合で巨人の成績が少しづつではあるけれど、キッカケを掴んだようです。

 私は堀内監督が辞めない限りダメだと思っていましたが、最近は強情を張らず、やっとかたくなな心を入れ替えた(?)かに見えます。
今までは、最初のスターティングメンバーを馬鹿の一つのように絶対替えなかった。
ほとんど打てないと思われるキャプ(外野手)をかたくなに替えないで、チャンスをつぶしてきました。
その逆で、好調の投手を途中で替えて、勝っていた試合を何度失敗したことか・・・。
これによって、なんぼ人の良い巨人ファンも呆れて、球場へ行く回数が少なくなってしまったのです。当然のことですよね。

 巨人ファンなら待ちに待っていた、清水外野手を起用したらどうでしょうか。
急に巨人の一、二番コンビに機動力がついたようになったではありませんか。

 過去の巨人の9連覇も、王・長島の大選手だけでなく、柴田・土井・高田といった足が速く、小細工のきくいぶし銀のような名選手がいたからこそ、ドカーンといった一発が効いたのですね。

 ホームランの魅力は確かに魅力ではありますが、ともすれば大味になって、きめ細かなプレーがだんだん影をひそめてしまうようです。
小兵ながら、バンドやヒット・エンド・ランや盗塁によって相手のチームの守りをかき乱す魅力も野球という競技の面白さではないでしょうか。

 この機動力に優れているチームが、セ・リーグでは中日であり阪神なのです。
おそらく今年のセ・リーグのペナントレースは、この二チームを中心に展開することは間違いないでしょう。

 評論家のようなことを言ってすみません。
 でも、やっぱり野球って面白いですよね。

posted by あきしか at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

映画っていいな〜

 またまた映画鑑賞の感想です。
 今回は、「コーラス」という映画。2005年度アカデミー賞2部門(外国語映画賞・主題歌賞)、ゴールデン・グローブ賞、セザール賞8部門にノミネートされた感動作で、今回も「映画っていいな〜」と嬉しく思いました。

 まず、このストーリーですが、1949年(第二次世界大戦が終わって間もない頃)
フランスの片田舎、貧しい親元を離れて寄宿学校で暮らす子供達。
 誰も会いに来てくれない面会日、帰る家のない夏休み。そんなある日、1人の音楽の先生がやって来た。
 先生は、寂しさをいたずらで紛らわす彼らを、叱るかわりに歌を教え、歌うことで希望と笑い声を取り戻す子供達。
 その中に、"奇跡の歌声を持つ少年"ピエールがいた。
 彼こそ、学校一の問題児だったが・・・。

 物語は、この主役ピエールと先生を中心に展開していく。
 傷つき易い思春期の少年の微妙な変化と、歌うことによって、主人公のピエールとその収容されている少年達の「心の発達」を見事に描き出している。

 「先生、僕たちの歌声はママに届くかな・・・。」

 たった一つの願いを歌に込め、心を一つにして歌うコーラス・・・。
 この子供達の純粋な歌声がフランス中のハートを掴んだのです。

 そして、何と言ってもこの作品の魅力は、主演のピエール役の13才のジャン=バティスト・モニエ少年。
 「フランスに降臨した天使」とも言われる柔らかな金髪と水色の瞳。
 そして、「神様から授けられた」というボーイソプラノの美しさは、観る者・聴く者を陶酔の世界に導いてくれる。

 実はモニエ少年は、実在するサン・マルク少年少女合唱団に所属しており、その歌声は「この映画の成功は、彼の声に支えられていると思う」と、監督も認める"本物"。
 
 私が最も感動したのは、この本物の「音楽」というものが、こうも少年達の心を捉えて離さないことを描いた部分でした。

 そして驚いたのは、この名作、とびっきりの感動作を、フランス人の7人に1人の人が観たということ。2004年のフランス動員記録の第一位で、870万人がこの映画を観るために映画館に足を運んだそうです。

 良い作品がまずありきなのですが、良い作品を評価する目があって、より多くの配給が生まれ、海を越えて、はるか日本の観客の目に触れることができます。

 ひとのこころを打つ作品は、偶然生まれるものではなく、映画の質は映画ファンの質に比例するのではないでしょうか。また、国や企業などの文化的な支援環境が整っていませんと、より多くの映画ファンの質を育てることは難しいと思われます。

 邦画の現実を考えると、この底辺の広さ、国や企業などの文化的な支援環境や、映画ファンの質こそ、良い映画を生み出す基本であると思わざるを得ないのですが。

 そして良質な作品は、良質な原作・良質な脚本・良質な演出・良質な演技がもちろん必要ですが、その製作者の表現したいという気持ち、ほとばしる情熱が奇跡を生み出すのだと思うのです。

 その情熱をどう表現していくか、生みの苦しみの努力の積み重ねが映画祭で認められ、多くの人々に鑑賞してもらえることが、制作に携わった人々の夢でしょうね。
 また、次の奇跡を生む挑戦に、芸術家の皆さんをかり立てるのではないしょうか。

 それにしてもあらためて、「映画っていいな〜」。
 心を豊かにしてくれます。
 
「コーラス」オフィシャルサイト
http://www.herald.co.jp/official/chorus/

posted by あきしか at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月02日

私の趣味・・・それは映画

 私は青年の頃から、青年団やボーイスカウト、子供会、そして、消防団と社会奉仕に明け暮れていました。
 家も余裕がなかったので、お金のかかる趣味は持てませんでした。
 ですから、今でもゴルフもマージャンもパチンコも出来ない、付き合いの悪い半端者です。

 その半面、スポーツ・読書をはじめ、音楽・演劇・落語・芸能の観劇・鑑賞など、アート系の趣味には広く興味があります。
 まあ「下手なヨコ好き」「好奇心のかたまり」で、何でもちょっかいを出す方なのです。

 その中でも、映画鑑賞が私の生活の一部になっています。
 たまたま私の友人で、静岡市の由緒あるお寺の住職がおりまして、何と、このお寺でサールナートホールという文化施設を持っていて、彼が館長も兼ねています。
 http://sarnath.co.jp/gaiyou.html

 静岡の地に、東京の文化の輸入ではない"オリジナルな文化を芽生えさせる場にしたい"、 最近の世の中、ナゼか生きているコトに真剣味がない風潮から"生命を感ずる場"を提供したい、と二つの理想を抱いて建設したそうです。

 演劇・落語・コンサート・講演など、約300席のホールがあり、その他に研修室や茶室があり、一番のメインは映画館が2ホールあって、毎日4本の名作を上映しています。
 私はそこの会員であり、モニターのような役割をしていて、時々館長に感想を述べたり、僭越ながら提言をさせていただいたりしています。

 そもそも、私の映画好きは子供の頃にさかのぼります。その当時、週2〜3本は映画を映画館で観ていたものでした。
 お金のない子供時代でしたのにナゼでしょう。
 その種あかしは、実は家業が看板屋で、親父が映画館の看板(似顔絵)を描いていたので、2館はタダで入れたのです。

 当時、映画は全盛の時代で、富士宮にはナント7館(各映画会社の配給館と洋画専門館が1館)もの映画館がありまして、正に娯楽の王様でした。
 今思うと、当時の方が文化的な環境が整っていたように思います。

 残念ですが現在は1館もありません。
 将来は、サールナートホールに協力していただいて、富士宮で映画が上映出来るようにしたいと思っています。
 今のこどもたちに、自分が体験できた、文化的な環境を整えるお手伝いができればなと。

 話を戻しますが、サールナートホールでは、一般の映画館とは異なった視点、前述の二つの理想に基づき、厳選した作品を上映します。
 アカデミー受賞作品などの世界の名画、成長著しいアジア映画、時には日本映画でも懐かしの名作などなど。
 特に、子供や動物が主役の感動作は、私の心を掴んで離しません。

 人間とはこんなに美しく、たくましく生きることが出来る、たとえ現実では難しいかも知れないけれど・・・。
 人の心の清らかさ、美しさ、そして大らかさ、その時代と共に生きた生きざまや自然との語らいと安らぎ・・・。
 今まで、どれだけ映画に涙し、感動し、励まされたか知れません。

 実は、このサールナートの質の高い映画鑑賞を継続出来る、その支えは約3,000人の会員の方々です。
 年間の会費を支払い、そして1回1,000円で良い映画が観られる、趣旨を理解した方々が広がれば広がるほど、私たちにより良い作品を観せてくれるのです。

 これは、富士山に例えると、高さと裾野の広さが示しているように、質が高ければ高いほど、それを支える土台・基礎の広さ、強さが必要なのだと思います。

 日本映画が一部の演出家やスターを除き低調なのは、売れるモノばかりを発信する側、売れたモノばかりを求める側の環境によって、良い映画を育てる日本人の意識が低くなつてしまっているのではと、考えてしまいます。

 「冬のソナタ」が当たれば、次から次へとその情報ばかり、マスコミや流行に踊らされていまっているのでは。流行っているからではなく、良質なモノを求める気持ちを忘れずにいてほしいのです。また、その良質なモノをはぐくむ気持ちを忘れずにいてほしいのです。

 邦画にだって、監督や製作者が良い映画をつくったら、それをみんなで支える土壌があれば、それに次ぐ人が必ず現れることを私は信じたい。いや、信じています。

 20世紀最大の進歩は映像の世界と言われていますね。
21世紀はますます情報発進と量と質が問われる時代になり、複雑になるのでは・・。
 
 しかし、その選択は選ぶ側の私達にあることを、決して忘れてはならないと思います。
posted by あきしか at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。