2005年09月26日

「政策の革新性」

 十数年前にベルリンの壁が崩れ、東ヨーロッパの社会主義・共産主義の国々が崩壊して、東西の対立の時代が終焉しました。
 それまで日本では、ソ連や中国の社会主義・共産主義の社会を理念とする政党を「革新政党」と呼んでいました。
 一方、アメリカや西ヨーロッパ諸国のように自由主義を理念とする政党を「保守政党」と位置づけていました。

 ところが、ソ連という国家が亡くなり、中国が自由経済化すると、保守とか革新とかの意味は持たなくなり、一件死語のようになってしまいました。
 保守というからには守るべき価値は何か、革新というからには何をどのように変えるのか、明確にする必要があります。

 例えば、今回の総選挙の争点となった「郵政民営化」にすれば、改革しようとしたのが小泉自民党で、改革に反対したのが民主党・社民党・共産党でありました。
 古い体質の自民党の保守派が反対したのは、現体制の維持という点では当然かも知れませんが、本来革新を標榜する野党が改革に反対したことに、今回の自民党の大勝があったのではないでしょうか。
 どうも、この保守・革新の色分けは、現体制に対し、守るか変革するかの視点と制度や政策によって改革して行くかの二つの視点があるような気がします。

 少し話題を替えますが、古都・京都は平安の昔から約1,200年以上栄えた都であるばかりでなく、日本の歴史・文化の源泉であり、日本人の心のふるさとでもあります。
 日本のどの都市・どの地域よりも、より日本的で優雅な伝統文化は、外国人の憧れの地でもあり、日本の数少ない国際観光のメッカでもあります。

 しかし、この京都の歴史を守り続けたのは、古い物をまもるという単純な保守的な考え方だけでは、現在の京都を守ることは出来なかったようです。
 京都の人々は、何を守るべきか、何を改善すべきかを良く理解し、心得ていたからこそ守り抜くことが出来たと思うのです。
 極言すれば、保守的な基盤に常に創意工夫を重ねて来たからこそ、京の織物や工芸・和菓子に至るまで、伝統が守られてきたのではないでしょうか。

 あの明治維新が成功したのも、幕府の目を逃れて勤王の獅子をかばい続けた、京の人々の先を見る目があったからではないでしょうか。

 このように、政党が時代という荒波を読み、世論の風を受け、国家社会という船を航海する時、常に変化への決断が要求されます。
 私が大変興味深く思っているのは、日本の革新政党は一貫してマルクス思想を堅持してきましたし、最近では、日本国憲法を守ろうと努力しています。
日本の伝統や文化にも精通し、むしろ政策的には保守的な姿勢を貫いているのです。 

 これに対し、自民党は時代の変化に敏感に反応して、高度経済成長期には革新政党が唱えていた福祉政策などを先取りしたり、時代のニーズや政策に対し柔軟に対応してきたことが、政権を維持した最大の要因ではないでしょうか。

 この意味で、今回の小泉自民党の大勝は、小泉総理のあくなき革新性にあったことを忘れてはならないと思います。
 もし、自民党がこの結果に対し、「守り」に入り、革新性を失った時、国民は厳しい審判を下すことは間違いありません。

秋 鹿  博
posted by あきしか at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「自民党は本当に勝ったのか」

「小泉劇場」と言われた衆議院の解散総選挙は、自民党の大勝利で終わりました。
今までの常識を破り、執念とも言うべき「郵政民営化」の信念を貫いた、小泉さんの大勝利でした。
 日本の政治を変えるには、まずその政権党である、自民党の体質を改革しなければならないと、誰もが考えましたが、それをこれほどまでに実行した人は他にはいません。

 自民党は小泉さんが総理になるまでは長落傾向にあり、選挙の度ごとに得票を減らしてきました。それは、政策よりもむしろ、派閥や企業献金にまつわる「金と政治」の不祥事が後を絶たなかったからです。

 一口で言えば、「自民党の体質」に国民がへきへきとしていたのです。
小泉さんは、この自民党の体質を変え、長老政治・派閥政治を排除して、清潔な政治・開かれたオープンな政治・わかり易い政治により、国民の人気を一心に集めてきました。

 小泉さんは日本では珍しく、「目的追求型」の首相ではないかと思います。
今までは総理になることが目的で、何のために総理になるのかは二の次で、良くわかりませんでした。
総理になるには自民党国会議員の多くの支持を得なければなりませんから、派閥の長となって、出来る限り政敵をつくらず、他派閥からも協力してもらう「合意形成型」の総理を生み出してきました。

 このようにバブル崩壊前は、外交も内政も「みんなで渡ればこわくない」式でやってきたのです。
そして、経済成長の右肩上がりの時代には、これでなんとかうまくいっていました。

 それは、地上では天候不順の風雨にさらされても、地面の中は微動だにしないというように、政治が多少混乱していても、行政(官僚)がしっかりしていれば、なんとか国は運営されてきたのです。
 各省庁に優秀なキャリアと言われた官僚が政策の立案をし、上位下達で地方に流してきたからです。
 ところが、バブル経済が崩壊し、右肩上がりの時代が終焉すると、今までの惰性で政策を遂行していくことは許されなくなりました。

 一方、少子高齢化現象はいよいよ激しくなり、政治も経済も行き詰まり、社会全体のしくみを変革せざるを得なくなりました。

 それが、年金であり、医療であり、その根っこにあるものは財政危機で、700兆円とも800兆円とも言われている借金地獄からの脱却です。
これは、誰が悪いとか、誰の責任とかの問題ではなく、時代のニーズであり、政治家はもとより国民全体の意識改革が必要なのです。

 とりわけ、このような現状を生み出したのは政治の責任であり、特に政権党であった自民党の責任は重大です。
 民主党がいくら政権交代を叫んでも、まだそれだけの能力や力量が不足していることを国民の大多数が見抜いていたから、もう一度自民党に託そう、いや、小泉さんにやってもらおう、もっと言えば、「今、小泉さんしかいない」というのが実態ではないでしょうか。
 この意味で、自民党は勝利したものの、大きな宿題を背負うことになったのです。

 なぜなら、戦後60年かけて構築してきた現在のシステムを、1年や2年で変えることは困難ですから、短期・中期・長期の改革案を国民の前に明らかにすべきではないでしょうか。
 この時の最大の問題は、小泉さんの総理・総裁の任期があと1年であり、1年では到底仕上げることは出来ないので、道筋をしっかりつけるということ、それを誰が引き継ぐかが最大の課題なのです。

 今回は冒頭に述べたように、自民党が勝ったというよりも、小泉さんが勝ったのですから、今回の大勝利は一時的な現象で、ポスト小泉によっては逆戻りする可能性もなしとしません。

 むしろ、大勝利した自民党はいよいよ正念場で、党の存亡をかけて大改革に邁進しなかった場合は、今度は完全に国民からイエローカードならぬレッドカードを突きつけられることを覚悟しなくてはなりません。
 となると、今回の勝利は予告編のようなもので、この任期中に改革の実績を高く掲げて、次の総選挙で国民の信頼を勝ち得た時、本当の勝利と言えるのではないでしょうか。

                                 秋 鹿  博
posted by あきしか at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。