2006年04月21日

「若者のエネルギー」

 とうとうフランスの若者達は、政府の「若者雇用対策法案」を撤回に追い込みました。これは、学生を中心とした抗議行動に、シラク大統領やドビンパン首相が屈した形で、政府側の大失態となりました。

 法案の中味については様々な意見があり、双方の言い分にはそれぞれの立場や思惑があり、一概には言えませんが、私が感心、いや、驚いたことは、フランスの学生や青年達が立ち上がり、反対運動を起こし、徹底して抗議したことです。

 欧米に共通して言えることは、若者達が国の政治や政策に高い関心を持ち、政治を変えるエネルギーとバイタリティを持っていることです。
 また、政府や国会が間違った判断をしたならば、反対運動を起こし、止めさせることが出来るという民主主義に必要な緊張感を国内外に示した、と言っても良いと思います。

 比較すること自体どうかと思いますが、果たして日本ではこのような事が、起こり得るのでしょうか。
 かつての学生運動は、あの忌まわしい浅間山荘事件以来、鳴りを潜め、国民の記憶から忘れ去られようとしています。

 私は事の良し悪しは別として、若い人達が国家や社会の矛盾や不合理に対し、その正義感から腹を立てたり、抗議をすることは当然だと思っていますが、どうでしょうか。 
 
 いや、むしろ今の日本社会は、「自分さえ良ければ、人のことはどうでも良い」という風潮が横行して、世のため人のために、時には血や汗を流すことを忘れてしまい、緊張感に欠けていることが問題なのです。
 問題があった時、問題が指摘され、公の事であればそれが公開され、議論される方が健全であると考える方が正常ではないでしょうか。

 たしかに、現在の日本でそのような反対運動や抗議行動が起こらないのは、社会全体が世界の各国に比べ、「かなりうまくいっている」ということもあるかも知れませんが、本当にそうなのでしょうか。

 私には、むしろ戦後導入された民主主義の中の権利のみの「いいとこ取り」と、経済発展にによる「拝金主義」によって、日本人の心に、個人主義ならぬ利己主義がはびこり、「社会正義や義憤」「公共心や公徳心」が失われて、「自分以外のことに無関心」になっているような気がしてなりません。

 10年前に駅のホームで起きた殺人事件で、息子を失った父親が、今も犯人の手掛かりとなる情報を求めて、苦悩する姿をテレビで見て、誰か助ける人がいなかったのか、せめて駅員に知らせたり、110番に電話したりする人がいなかったのか、白昼、人ごみの中で行われた犯罪に、こうまで「見て見ぬふり」が出来るのか、加害者よりも無関心者の方に、何か重い恐ろしさを感じるのは私だけでしょうか。

 本来、日本人は社会道徳や規範を守り、清潔で義理人情に厚い、国民性を持っていたはずです。

 憲法の改正も教育基本法の改正も、政府間の取り引きや妥協ではなく、国民生活の原点と現実に、もっと目を向けた議論をして欲しいと願わずにはいられません。

                                 秋 鹿  博
posted by あきしか at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

「街角でひろったあったか〜い話」

 野山も草木が躍動をはじめ、春らんまんの季節を迎えています。野山には色彩りどりの花が咲き乱れ、一年の中でも最も良い季節を迎えています。

  この行楽シーズンになりますと、健康づくりと隠れた史跡を訪ねての、『歩け歩け』が盛んになり、富士山周辺は、ウォーキングコースの宝庫と言っても良いと思います。

 浅間大社を中心とした市街地も城山公園も、潤井川沿いの散策道も、市民の皆さんに喜ばれているウォーキングコースの1つです。
特に、商店街を歩く老若男女がグループをつくって、歩いている姿は本当に微笑ましく、体力づくりとコミュニティづくり、そして、町の賑わいと一石三鳥の効果があるようです。

 先日、市街地を歩いているお年寄りに嬉しい話を聞きました。
それは、商店街に買い物に行ったり、散策をしていて一番困るのは、やはり「トイレ」の問題だと言います。

 ところが、神田通りで困っていると、
「買い物をしなくても、いつでも使って下さいね」
「のどが渇いたらこれを飲んで下さい」
と、お水やお茶を備えてあり、
「いつも店頭の周りを草花などで美しく飾りつけ、道行く人の心を和ませていて、私たち年寄りにとっては何よりありがたい」
と、しみじみと語ってくれました。
しかも、さりげないサラッとした態度にすっかり感心して嬉しくなったと言います。

 そして、「こんな店がもっともっと増えたら、私たちも苦にならないで街に出かける」と言うのです。

 考えてみると、トイレは「厄介物」ではなくて、人が生きて行く上で必ずお世話になる大切な場所であり。道の駅やコンビニでは、むしろトイレを貸すことを大いに活用しているのです。

 「損を見て得を見ろ」、人の為に尽くしてこそ町の賑わいも店の繁栄もあるのではないか、何か昔の人の「商人道の教え」をそのまま実践しているような素晴らしい話しではありませんか。

 超高齢化・少子化社会に突入した今、中心市街地はシルバーやシニアの皆さん、こどもたちが、安心して快適に暮らすことの出来る「ひとにやさしい、ユートピア」にしてはどうだろうか、と私は思います。

 先述したお店の主人のような考え方の経営者がひとり、ふたりと増えたなら、大型店に負けない商店街になると思います。

 よく考えると、市街地の持つ特典は、
@駅に近い
A買い物がしやすい
B街がキレイ
C安心して歩ける、
そして、何よりも
D人々が親切。
であることが、最も大切なことで、「ひとにやさしい、安心して楽しむまちづくり」は時代のニーズではないでしょうか?

高齢者やこどもたちだけでなく、観光客にとっても市民にとっても、先述した「もてなしの心」のお店がもっともっと増えたら、商店街に足を運んでくれる人はもっと増えるのではないでしょうか。

 秋 鹿  博



posted by あきしか at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

「危機管理という視点から見た民主党」

 今、日本の社会は、政治・行政・経済団体、そして各企業において、道議に反する事件や不祥事が後を絶たない。
特に企業は、不祥事を起こした場合、社会的責任を問われ、売り上げは落ち込み、株価は低迷し、事業は縮小される。
その対応のまずさによっては、破綻の危機に瀕する場面も少なくない。

そこで、各企業はコンプライアンス(企業倫理と法令の順守)に常に配慮し、努力して行かなければならない。
なぜなら、この『危機管理』は不祥事を防止して、企業が生存して行くために、不可欠な問題だからである。

そして、仮に不祥事が起きた場合、この危機にどのように立ち向かって行くか、次の4つの原則があると言う。
すなわち、@隠さない、A説明する、B決断する、C対策を示す、そして、誠心誠意を持って謝罪することだ。

もちろん、政党と企業を同一視して語ることは出来ないが、今回の偽メール事件に右往左往した民主党のドタバタを、『危機管理』という視点で検証してみた。

 前原代表がメール問題の責任を取って辞任した。
しかも、執行部の総退陣という結党以来の危機と言っても過言ではない。
さらに、永田議員も辞職して全面的な敗北と言った感を否めない。
それなら何故もっと早く永田議員を辞めさせなかったのか、うやむやにした時間を経過させ、国会を空転させたことが、永田議員個人の失態にとどまらず、民主党の責任問題に発展して行ったのだ。
このような結果を招いた原因を、先述した『危機管理』の四原則に、当てはめて考えてみると解りやすい。

まず、@「隠さない」という点だが、最後まで情報提供者の西沢孝氏との関係を隠ぺいし続けた。
本当に虚偽でなければ、堂々と胸を張って自民党を追い込めたはずだ。
これだけでガセネタと言われても仕方ない。

次のA「説明する」であるが、国会でブチ上げておいて永田議員は雲隠れしてしまった。民主党を代表しての質問である以上、野田国対委員長であれ、鳩山幹事長であれ、党を代表する責任ある立場の者が、説得力のある説明をすべきである。
それが出来なかったゆえに、国民の疑惑の目が永田議員ではなく、民主党に向けられた。

Bの「決断する」点であるが、前原代表とそのブレーンだけで、ベテラン議員も含め民主党議員が真剣になって取り組んでいる姿が、国民の前に見えてこない。
むしろ、前原代表は孤立して、決断するのが一ヶ月以上も遅れてしまった。

Cの「対策を示す」であるが、@〜Bまでボタンの掛け違いをしてしまったために、
「さすが若い政党だ、潔い!」
といった、具体的な対策を示す事が出来なかった。
本来は、野党が、政府与党を追求することは当然で、その糾弾が結果として政治に緊張感を与え、改革・改善することが出来たなら、大きな意味で公共の利益に結びつくはずである。

この場合は、多少の国会の空転も国益のためならば国民も納得し許されるだろう。
今回のメール問題事件は、はっきり言って何の意味も公益もなく、ただ民主党の茶番劇に終わってしまい、「四点セット」と言われた、本来議論すべきはずの「重大問題」から国民の目をそらし、政府与党を結果として、擁護してしまったことへの損失は計り知れない。

また、小泉劇場で自民党を圧勝させたマスコミは、またしてもその本質を見抜く力量を失い、現象のみに振り回される報道姿勢を繰り返すことになり、その体質を改めて問われることになった。

 最後に、少し気がかりなのは、世代交代が進みつつある政界が、派閥政治にまた逆戻りしないかとの心配だ。
小泉首相は、次期総理・総裁の条件として、@決断力、A洞察力、B情熱の三点を挙げた。
前原代表に対しても、「これを良い経験として出直し、活躍して欲しい」と余裕とも取れる「労い」の言葉が印象的であった。

健全な、政権交代の可能な、二大政党時代を切り開く為にも、民主党の再建に期待したいと思う国民も少なくないとおもわれる。
今、新聞報道によれば、誰よりも自民党的な、小沢前副代表の名前が、全面に出ているようだ。
もっと民主党らしい、爽やかな人材はないのだろうか。
新鮮味がないばかりか、時計の針が後戻りしてしまうような、何か胸騒ぎがしてならない。


秋 鹿  博
posted by あきしか at 09:49| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。