2006年06月19日

「遊び型総合スポーツ少年団」

 私たちの子供の頃は、どこにも空き地があって、いつも誰かが遊んでいました。
学校から帰るとカバンを家にそっと置いて、逃げるように空き地に向かって走ったものです。

なぜですって?

まごまごして見つかると親から用を言いつけられるからです。

 とにかく子供は、シクラメンの歌の台詞のように、どんなに遊んでも疲れを知りませんでした。
空き地へ行くと、もう何人かいて野球をしています。
しかも、人数に合わせてルールを自由自在に創意工夫して楽しむのです。
例えば、「ワンバン・ノーバン」。一人が打者になり、残る子供はグローブを持って守ります。
ピッチャーが投げ、打者が打ち、その打球をワンバウンドかノーバウンドで取った者が今度は打者となって打てるのです。
人数が多くなると、同じ位の子供同士がジャンケンをして、2チームに分かれて試合をします。
人数が9人ずついない場合は、三角ベースと言って一塁と三塁とし、二塁を省きます。
さらに少ない時は、キャッチャーを攻撃チームから出して捕ったりします。

 とにかく子供は遊びの天才で、四季の移り変わりや天候に合わせて大道具・小道具を使って様々な遊びを考えたものです。
しかも、その地域の子供は全員が参加しますから、野球が出来ない子はいないのです。
上手か下手か、好むか好まないかの差はあっても、年上の子供が年下の子供に教えますから、みんな出来るようになるのです。

この遊びには、大人は介在しません。
すべて子供同志でルールを決めて興じます。

 これに比べ、現代の子供たちと言えば、学校から帰ると塾通いかスポーツ少年団。
家の中では、テレビゲームやパソコン。大人以上に忙しいのです。
特にスポーツ少年団は、小学校低学年に入団する為、体の成長いじょうに練習が激しいと、ケガや障害を起こしやすいのです。
骨格や筋肉がまだ未発達の上に高度な技術を要求すれば、肩や肘、膝に負担がかかるのです。
加えて、昔の子供のように遊んでいないので、野球バカ・サッカーバカになりやすいのです。

私は子供会、ボーイスカウト、スポーツ少年団と全てを体験しましたので、その経験からすれば、「小学校の時は基礎体力をつける」ことに専念し、余り高度な技術を教えないこと、小学校の頃はどんな可能性や才能があるか解らないので、様々なスポーツを体験させること。
スポーツ医学を導入して、子供たちの成長に合わせて常に専門家のアドバイスを受けること。
その経験を生かして、中学に入ったら「自分の進むべきスポーツを選択する」ことではないでしょうか。
小学校の頃、素晴らしい活躍をしていながら中学校へ行って伸びないのは、小学校の時にやり過ぎて障害を起こしてしまうからです。

もうそろどろ、スポーツ少年団のあり方を見直してはどうでしょうか。
その一つの選択が、遊び型の「総合スポーツ少年団」ではないでしょうか。

秋 鹿  博
posted by あきしか at 17:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スポーツ少年団のあり方について疑問をもっている保護者のひとりです。
現在、スポーツ少年団は学校の手を離れ、完全にクラブチームのようになりつつあります。
技術面での早い修得が求められ、実力でポジションを勝ち取って勝つことが目標になってきているため、部員や保護者間でのいじめなども発生して部を去って行く子もいました。
練習時間に関しても休みの日はびっしり埋まって息をつく暇がありません。
近年では共働きの家庭が増えているために、それらを負担に感じてスポ少離れは進んでいると思います。
今のスポ少は保護者の絶対的な協力がないとどんなに子どもたちがやりたいと思っていても参加することができません。
子供たちが興味をもったスポーツに気軽に入って
いけない風潮になってきています。
正直なところ、こんなにたくさん大会もいらないと思うし、週に1日は休んで家族と出かけたり、友だちと遊んでもよいのではないでしょうか?
小学生のうちはもっと余裕をもった形でスポーツを楽しんでもよいのではと思います。
これは私が声を大にしていいたいことです。
本来育てなくてはならない心の部分はおざなりになって保護者の負担が多い分、思ったように結果がでない子どもにイライラをぶつけてしまい、親子ともに潰れてししまいそうです。
Posted by ちょりっす at 2008年03月24日 13:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。